忙しさの中で休むには

交通量の多い通りにいる人

「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう」

マタイによる福音書 11:28-29

世の中はしょっちゅう大騒ぎしています。私たちはアラーム音で目を覚まし、次から次へと動き回るのです。

慌ただしいスケジュールをさえぎることなど考えられないかもしれません。後れを取るのではないかと心配だからです。世の中は、私たちにもっともっとさらに一生懸命、仕事をし続けなければならないと怒鳴っています。

けれども聖書は私たちに立ち止まって、そして神に立ち返るよう励ましてくれています。

このように長く維持できないペースで変化している世界で、どのように休む時間を見つけたらよいのでしょうか。

理由を知ろう

神様は私たちを目的のある働きのために創造されました。けれども意味のある働きをすることと、その働きを自分の存在そのものとすることには違いがあります。その一線を越えてしまうと悪循環に陥ってしまいます。

休む時間を取ることは、世の中が私たちに求めることとは正反対です。

でも神様は聖書を通して私たちに必ずそうするようにと教えています。

神様は最初から休む手本を示され、そして休むことを一週間のリズムのうちに取り入れることを命じられたのです。

もしかしたら、あなたも休む必要があると思いはじめていませんか。神様よりも、人生で大切にしはじめていることに気付いたからです。もしかしたら、心の健康を優先するためかもしれません。もしかしたら、単に疲れているせいかもしれません。

何であれ、あなたにとって休むことが重要な理由をはっきりと知りましょう。

予定を立てよう

時間はかけがえのない貴重なものです。

あらかじめ休みを決めておかないと、その時間は別の予定で埋まってしまうかもしれません。

休みを取る一番簡単な方法は、いつ休むかをあらかじめ決めておくことです。カレンダーに休みの予定を入れ、その時間を家族や友達に伝えてみてください。

20分でも、24時間でも、休むことで神様があなたに与えてくださったことに感謝し、実際に味わえるのです。

楽しみにしよう

いったん身を引いてゆっくりと神様に近づこうとすると、気まずいような、落ち着かない気分になるかもしれません。

それはおそらく、あなたが正しくやってることを意味します。

休みになると、忙しくしたくなりますよね。けれでも本当の安息は必ずしも何もしていないようには見えません。

休む時間を決めたら、喜びや平和につながることを計画しましょう。

それは、神様が創造されたものを味わうことや、神様のおかげで情熱をもつようになった趣味を育てることかもしれません。

ひとりでやらない

神は私たちを交わりのために造られました。人間関係を大切にします。そして、こうした関係は神の存在を感じる最もはっきりとした方法のひとつです。

休みのリズムを作るのは、自分ひとりでやることではありません。家族や友達と一緒に休める方法を考えてみましょう。

一緒に休むと、仕事やさまざまな活動に引き込まれそうになっても、休むという責任を果たせます。

妥協しない

休むことは霊的な訓練です。他の訓練と同様に、休むことには決断と自制が必要です。

自分でがんばるのではなくイエスさまに任せるとき、私たちは恥ずかしいとかがんばるとか、こうしたいという気持ちを手放せます。その代わりに神の完全な安息を感じます。

休むことによって、神の臨在を味わい、優先順位を新たに調整することができます。

休むことによって、自分が働いていないときにも神が働かれていると信じることができます。

休むことによって、救い主を信頼して「もう十分です」と言えるようになります。

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

祈りたいことは、何ですか?

祈っている人

もし不安になるほど気になることがあるならば、祈りましょう。

どう祈ればよいのかわからない?次の自分用に書き換えられる祈りから1つ選択して、YouVersionの”祈りのリスト”に追加してみてください。


…が心配です。

神さま、 ______を思うと、 ______という気持ちになります。自分ではどうしようもない時、神さま、あなたから目を離すことがないように助けてください。神さま、あなたが私のことを心配してくださって、決して私をお見捨てにならないということを思い出させてください。イエスの御名により祈ります。アーメン。

“祈り”を追加する>


…になりますように。

神さま、あなたは心の奥深くにある望みや欲求をご存じです。 ______ についての私の期待を、すべてあなたに委ねられるよう助けてください。あなたのご計画を追い求めるとき、あなたはすでに______で私を助けてくださっていることを思い出せますように。あなたが与えられた目的にふさわしい生き方を示してください。イエスの御名で祈ります。アーメン。

“祈り”を追加する>


…との関係について

神さま、私は______との関係をあなたにお委ねします。この時を乗り越えられるよう導いてください。どこに______や______があるか見えるようにしてください。そしてそれらをあなたに明け渡し、あなたの完全な愛に置き変えてください。イエスの御名で祈ります。アーメン。

“祈り”を追加する>


“祈り”を追加したら、必ず友達とシェアして、友達が自分のために祈ってくれるようにしてください。


FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

Good Friday(聖金曜日、受難日)の祈り

十字架

Good Fridayは、なぜ Good(良い)なのでしょうか?

すると、イエスは……、「すべてが終った」と言われ、首をたれて息をひきとられた。

ヨハネによる福音書 19:30

弟子たちは、イエス様が「すべてが終った」と叫ぶのを見守っていました。でも、終わったのは、イエス様の命ではなく、神様の愛から私たちを遠ざけるすべてのものだったのです。

「私たちとともにおられる神」は、私たちを救うために御自分の命を捨てて、「私たちのための神」となられました。

イエス様が苦しまれたのは、苦難に満ちたこの世界が神様を自分自身の神様なのだと分かるためでした……それがGood Friday(聖金曜日、受難日)をGood(良い)にしているのです。


Good Friday(聖金曜日、受難日)の祈り

イエス様、

人類を救うため、あなたの十字架上での拷問や悲しみが必要だったことを思うと、胸が締め付けられます。あなたは、私たちが恐れ、不安、そして罪の奴隷となることを望まれませんでした。だからこそ、愛が勝利を得るために、御自分を犠牲にしてくださいました。

それは、私たちを救うため、十字架にかかってすべてを投げ出すほどの愛でした。「すべてが終った」とは、勝利の叫びでした。あなたが、私たちをがんじがらめにしていたものすべてに打ち勝たれたからです。

あなたの犠牲のおかげで、私は永遠にあなたと親しく交わることができます。ありがとうございます!今日も、そして日々、あなたの愛をわかち合う方法を教えてください。

あなたがあがなうために死なれたこの世界に、私を遣わしてください。

アーメン

祈りを保存

ウクライナのための祈り

祈っている人

ウクライナで繰り広げられている出来事を世界が見守る中、世界中のYouVersionコミュニティに思い出してもらいたい力があります。それは、祈りの力、です。

祈りは希望をもたらします。

祈りは一致をもたらします。

祈りは力をもたらします。

神様がウクライナの人々を慰め、守り、支えてくださるよう、みんなで力を合わせて祈りましょう。


神様、

あなたが必要ですーこれまでも、これからも。

あなたは私たちの力の源です。思いわずらいをいっさいゆだねなさい、とおっしゃってくださいます。

ウクライナの人々に守りと癒やしをもたらしてください。あなたが共にいて祈りを聞いてくださることを、彼らにお示しください。

ケガをしている人、一人で苦しんでいる人、悲しみに中にある人を強めてください。すべての不安、恐れ、そして不確かで先の見えない闇を、あなたの平和と希望で置き換えてください。

そばに来てください。私たちもあなたに近づきます。

主イエスの御名により祈ります。

アーメン


”祈りのリスト”に保存して、これからもお祈りできるようにしましょう。

祈りを保存

今回の出来事は世界中に混乱と不安をもたらしています。

あなたがどこにいようと、神はあなたから決して離れないと約束されていることを覚えていてください。神は、神に近づく者を見捨てられることはありません。神の子たちはけっして一人ではありません。あなたは一人ではないのです。あなたの未来は神の手にしっかりと握られています。

愛の祈り

祈っている人

神様、

どうか愛はいつも身近にあることを覚えさせてください。なぜなら、あなたは決して遠い存在ではないからです。

私は愛にふさわしくないと思ってしまうとき、あなたが私を愛にふさわしい存在としてくださったことをどうか思い出させてください。私には愛を示すことができないと思ってしまうとき、どうかあなたが私のために払ってくださった犠牲を思い出させてください。

隣人に彼らがどれほど愛されているかを伝えられるように、私がどれほど愛されているかを思い出させてください。

主イエスの御名により祈ります。

アーメン

祈りのリストに保存