心から祝福します!

喜び祝う人

結果は…

今年は世界に広がるYouVersionコミュニティーの 5,000,000 人以上のユーザーが の読書プランを完了して、ミッドイヤーチャレンジバッジを獲得しました。

ミッドイヤーチャレンジバッジ

統計の数字には意味がありますが、さらに重要なのはその数字の背後にある物語です。 この数字が、世界中で神に近づいていく一人一人を表しているのです。

今回のチャレンジを完了しなかったとしても、いまこそ聖書を読む習慣を身に着けるための絶好の機会です。

次の三つの方法をチェックしてみましょう。

さらにバッジを獲得する

バッジ

手の届くゴールを設定してやる気を出していきましょう……ひとつずつやってみることです。アプリを開いて、アカウントを作成し「もっと見る」をタップして始めましょう。


次の読書プランを探す

読書プラン

日ごとのデボーションをとおして心の不安から経済まであらゆることについて、聖書は何と語っているでしょうか。

読書プランを見る>


毎日のリマインダーを設定

リマインダー

定期的に聖書を読む習慣を身につけるために、”読書プラン”や”今日の聖句”を知らせてくれるリマインダーを設定しましょう。

リマインダーを設定>


FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

もし母語で書かれた聖書がなかったら?

すべての人に聖書を

聖書を
すべての
人に

大げさだと思われるかもしれません……

誰かがあなたの母語に翻訳したので、今日もあなたは聖書を体験できます。

でも今も世界中には、母語の翻訳を待っている人々がいます。

およそ10億もの人々が、家族、友人、お隣さんとは話せても …… それでも神の言葉を母語で語りかけている神様を体験したことが一度もないのです。

あなたが、変えられるのです

聖書翻訳に寄付するとき、あなたからの贈り物は、すでに世界中で聖書の翻訳に取り組んでいる聖書チームへ送られます。

聖書翻訳に資金を提供する

新しいバージョンが更新され次第、世界中に広がる、YouVersionチームへの加入ができるようにします。

2033年へ
ビジョンをもつ

世界人口の95%が、聖書のすべてを読めるようになるのです

少なくとも99.9%の人に、新約聖書が届くでしょう。

聖句の一部であれば、100%の人にも届きます。

このビジョンは、2033年までにすべての人々が、少なくとも聖書の一部でも母語で触れるのを実現にすることです。

あなたも参加しませんか?

今すぐ寄付

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア


「すべての人に聖書を(the Bible for Everyone)」 キャンペーンのすべての寄付は聖書翻訳のみに限定した、さまざまな影響のある翻訳プロジェクトに割り当てられます。各プロジェクトが完了すると、残りの資金はYouVersionとそのパートナーが選んだ 次の翻訳プロジェクトに割り当てられます。

まだ間に合います!

ミッドイヤーチャレンジ

今日、一歩近づく。

神様は私たちが日ごとに神様に近づくことを願っておられます。

だからミッドイヤーチャレンジなのです。神を求めて絶えず前進できます。

まだ2022年のミッドイヤーチャレンジに参加するのに遅くありません。今年の7月に7日間連続で読書プランの日課を完了して、バッジを獲得しましょう。

ミッドイヤーチャレンジバッジ

読書プランを選んでチャレンジを始める

読書プランをもっと見る

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

新しいバッジが欲しい?🥇

ミッドイヤーチャレンジ

またやってきた!ミッドイヤーチャレンジが始まります。

今年すでに聖書を読む習慣を身につけられている人も、もう一度はじめたい人も、ミッドイヤーチャレンジはあなたの暮らしの中で聖書を読む習慣を身につけるきっかけとなるでしょう。

チャレンジに参加しよう

7月の間に、7日間連続で少なくとも読書プランの1日分を完了することでミッドイヤーチャレンジ2022のバッジを獲得しましょう。

ミッドイヤーチャレンジ

ミッドイヤーチャレンジバッジ

読書プランの設定でリマインダーの通知を毎日するよう設定して、1日も見逃さないようにしましょう。

以上です!準備はいいですか?それでは読書プランを選びましょう!

読書プランをもっと見る

信頼できる友達を ミッドイヤーチャレンジに招待することも忘れないでくださいね。

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

がっかりしたら

水面を眺める人

「こんなはずじゃなかったのに。」

いつも神の御心がわかるわけではありません。それに正直に言うと、御心が気に入らないこともあります。

悲しみが目の前に立ちはだかるとき。

自分の手に負えるかわからないとき。

「もしあの時こうだったら」と考えるとき。

心の奥深くにある痛みと闘うのはつらいことです。でも聖書が苦しみを隠さないなら、私たちも隠すべきではありません。

どんな出来事に直面していたとしても、それが人生の終わりではありません。神は、今も、そしていつまでも、あなたと共におられます。

かなわない期待やつらい状況と向き合う方法を、読書プランを通して探してみませんか。

他の読書プランを探す

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア