神の御心を知るために

コンパス

神様は、あなたにどのように生きてほしいのでしょうか。もしかしたら、神様があなたを召されたことについて何となく分かってはいるけれど、その確証が欲しいのではありませんか。また、もしかしたら、あなたは神様の御心が分からなかったり、神様と自分だけの親しい交わりについて探ったりしている最中かもしれません。

結局のところ、神様の御心を知る唯一の方法は、神様について時間をかけることです。神様に近づくことによって、そのお導きも見えてきます。では、どうすればよいのでしょう。

たった一つの正しい方法というものはありません。しかし、参考になるステップならあります。

神様の御心を知るための4ステップ

祈りを通して神を求める

親しい友人と、最後に交わした会話を思い出してみましょう。一緒にいる時間が長ければ、いちいち聞かなくても何が好きで何が嫌いなのか分かるはずです。お互いの心の距離が近ければ近いほど、相手のことがたくさん分かるからです。

同じことが、神様との関係にも言えます。神様の御心を知ることは、神様との親しい交わりを持つことから来るからです。だからこそ、私たちには、全てのことを神様にその都度話す習慣が必要なのです。

祈りとは、神様にどうしてほしいのかたずねるだけでなく、神様がどなたなのかを知るためのものなのです。

共に祈る


聖書を読む

あなたの人生に対する神様の御心は、聖書に書かれていることと決して矛盾しません。ですから、祈りを通じて神様を知るとともに御言葉にも親しみましょう

聖書を学べば学ぶほど、あなたの願いはだんだん神様の御心を反映するようになります。そうなると、神様にどんなことでも大胆にお願いできるようになり、神様もその祈りを聞いてくださいます


聖霊に耳を傾ける

聖霊に耳を傾けるには、あなたをとりまく雑音をさえぎる必要があります。気が散るものを取り除き、不安を手放せば、今、あなたの置かれている状況にも、神様の平安に満ちたご臨在に気づけるでしょう。

祈り、聖書を読むとともに、神様にゆだねるべき思いと、特に注意を払うべき思いとをすべて明らかにしてくださいと願いましょう。この過程を聖霊に導いていただきながら、このことを心に留めておいてください。心は揺らいでいても、神様の平安を感じることはできる、と。


知恵ある人に相談する

神様の御心について最終的な決定は神様がなされるべきですが、信頼できる、第三者のアドバイスを求めることは賢いやり方です。信仰の旅路をあなたよりもはるかに先に行く人たちを、あなたの「知恵ある助言者」として迎えることを検討しましょう。どんな神様の御心があなたの人生にあるのか、その人たちに一緒に祈ってもらうために。

このステップは、前のステップと一緒にする必要があります知恵あるアドバイスを求めるのは、神様がもうすでにあなたに語っておられることを受け入れるためです。アドバイスを、神様と直接語らうことに代えてはいけません。

聖書アプリに友達を追加する


さあ、次はどうする?

いつも上手くいくとは限りません。それでも、何度も神様の御心を知ろうとするうちに、だんだんやさしくなっていくでしょう。神様は目的を持ってあなたを創られました。そして、天と同じように地にも御国がくるのを、あなたにも見てほしいと思っておいでなのです。

あなたの願いが神様の御心に沿うようになると、神様はあなたが正しいことをすると信頼してくださいます。これらのステップはそうなる助けになります。神様を日々求めることも含めて、この4ステップは一生取り組み続けるものと成るでしょう。

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

どう祈ろう?―6ステップの祈りのガイド

祈る人

「祈り。」この言葉を目にしたとき、どんな思いやイメージが浮かんでくるでしょうか?皆さんにとって、神様と話すのは簡単なことですか?それとも、難しいことでしょうか?

神様に何を言うべきかわかっていても、いつも安心できるわけではありません。ときに祈りは、神様との対話がどうあるべきかという誤解によって重荷になってしまいます。

「だから、あなたがたはこう祈りなさい…」

2000年前、イエス様は弟子たちにこのように祈るように教えられました。

天にいますわれらの父よ、
御名があがめられますように
御国がきますように。
みこころが天に行われるとおり、
地にも行われますように。
わたしたちの日ごとの食物を、
きょうもお与えください
わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、
わたしたちの負債をもおゆるしください
わたしたちを試みに会わせないで、
悪しき者からお救いください

マタイによる福音書 6:9-13

今では祈りのお手本として有名です。ですが、私たちはこの祈りを21世紀の日常生活にどう適用すればよいでしょう?

まず初めに、どのような祈りが良くないものかを理解することです。主の祈りを教えられる前に、イエス様は弟子たちにこのように言いました。「あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい…」そして、「くどくどと祈るな…あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。」

もし神様が私たちの必要をすでにご存じならば、祈りは単に口にする言葉ではありません。もしも他の人に見せつけるために祈ったり、達成すべきノルマのように祈ったりしているのなら、私たちは祈りの力を見逃しているのです。

祈りは神様との生き生きとした対話で、これからもずっとそうなのです。そう実感できたとき、主の祈りは、私たちが日々、神様にもっと自由に話しかけるのを助けてくれるようなフレームワークとなります。

祈りのための6ステップを確認しよう。

  1. 神様に心を向ける
  2. 「天にいますわれらの父よ、御名があがめられますように…」

    深呼吸をして、言葉に心を集中させましょう。「天にいますわれらの父よ。」

    ゆっくりと息を吐きながら。「御名があがめられますように。」

    何回か繰り返して、心に浮かんでくる神様の素晴らしさに思いをはせてみましょう。神様がどんなに偉大であるか、ゆっくりと時間を使って思いをめぐらせましょう。

  1. 自分の心を見つめ直す
  2. 「御国がきますように…」

    神様はどんなときでも、この地上で御心をかなえるために働いておられます。ですから、もう一度ふりかえってみましょう。神様の御心と自分の心の向きをそろえることができたとき、積極的に御国を求める姿勢であると言えます。

    身の回りの思い煩いから心を静めて、今日、神様が御用のために自分をどのように用いてくださるのか示してくださいと祈ってみましょう。

  1. 思い煩いを神様に明け渡す
  2. 「わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください…」

    自分の両手を目の前に差し出して、神様に求めるところを想像してみましょう。神様に心配を明け渡したら、代わりに何をくださるのでしょうか?

    心配に思うことを箇条書きにしてみて、一つ一つ口に出してみましょう。不安なことを言葉にするときには、「わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください。」と神様に祈りましょう。

    自分の心のおもむくままに、何度も繰り返してください。

  1. 悔い改め、そして応える
  2. 「ゆるしましたように…おゆるしください…」

    あなたはて手放すべきものに、しがみついていませんか?いままさに罪を告白する必要がありませんか?もしかしたら忘れられない傷かもしれません。なかなか変えられない自分の態度かもしれません。克服できない依存症かもしれないし、何度もおかしてしまう過ちかもしれませんね。

    神様は、ありのままで来なさい、そして応えなさいと、あなたを招かれています。どんなことでも、心のうちにあることを神様に話してみましょう。そして、神様からの言葉を受け入れられるように、心を空っぽにしましょう。

  1. 神様に助けを求める
  2. 「…悪しき者からお救いください…」

    神様は、私たちすべてを何かから救ってくださいました。神様は、あなたを何から救ったのでしょうか?

    真実な神様に感謝し、そして助けが必要な点について神様に知らせましょう。神様の助けが必要な、他の人のためにも祈りましょう。希望のない状況のように思えても、神には、なんでもできないことはありませんと、心に留めておくことが大切です。

  1. 喜び、そしてふりかえる
  2. 神様があなたの命にしてくださったことを感謝し、生涯の日々の歩みをとおして神様を礼拝する道を捜し求めましょう。

    そして、すこし時間を使って、神様との時間をふりかえってみましょう。神様はあなたにどんなことを示してくださいましたか?特に印象に残っていることを、祈りのリストに加えてみませんか。

私たちがイエス様のように祈りはじめたとき、イエス様のように神様との親しい交わりを体験することができるでしょう。そして祈りによって私たちの生き方を形作ることができたなら、どんなときも自信と、弱さと、信頼とをもって、神様に近づいていけると実感できるのです。

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

自分の時間を、たいせつにする仕方。

夕日

神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思いを知ってください。 わたしに悪しき道のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。

詩篇 139:23-24

息を止めて、ふかくふかく、深呼吸をしましょう。そのように、昨年をふりかえってみましょう。2020年のイースターのあと、神様はあなたの人生に何をなさってくれたでしょうか。

長い試練にあるとき、その状況の中で神様がどのように働いておられるか、私たちは忘れてしまいがちです。だからこそ、神の言葉をよくよく味わうことがとても大切です。そうすることで、スローダウンして、あらゆる人生の場面において神様が誠実な御方であることを思いめぐらせられるからです。

イースターを迎える備えの期間、「今日の聖句」を通して、意識的に誠実な神様に思いをめぐらしてみましょう。

3つの方法があります。

もし、5分あれば……

聖書アプリを開いて、今日の聖句をみてみましょう。聖句を読む前に、神様があなたに示されようとしていることに気づけますようにと、祈ってみましょう。そして、心に響く言葉を意識しながら、聖句をゆっくり読んでください。

自分への問いこの聖句は、神様について、私に何を示してくれるのだろう。 この聖句の要点は何だろう?どうすれば日常生活に、適用できるのだろう?

そして、締めくくりにも祈りましょう。一日を通して、聖句にとどまり思いめぐらせますようにと、神様に願いましょう。

もし、15分あれば……

「今日の聖句」を読んだら、「聖書の比較」をタップして、三つから五つほどの訳を見比べてみましょう。それぞれの聖句を読み、言葉に違いに注意を払いましょう。その違いがあなたに、聖句のより広い理解を与えてくれることを期待しましょう。

自分への問いほかの訳の聖書には、どのような違いがあるだろう?聖書を比較することで、神様について何を学べるだろう?どんな言葉や言い回しが、私の心に残るだろう?

神様があなたに示したことを書き残しておきましょう。そして聖句を日常生活の中で応用できるように、神様に助けを求めて祈りましょう。

もし、30分あるならば…

最初の五分間は、あなたの心配事や問題などを書き出してみましょう。聖句を通し、それらの問題の中で、神の真実があらわされるように祈りましょう。そして、ゆっくりと、今日の聖句を読み、聖句を比較してみましょう。

次に、関係している聖句の参照箇所を検索してみましょう。そして、黙想の一環として学ぶことをひとつ選んでください。

自分への問いこの個所から何を期待することができるだろう?今日の聖句を通して、神様はなにを示され、どのような影響を与えておられるのだろう?何が私の心に響いているのだろう、そしてそれは私の人生にどう適用できるのだろう?

そして、2つか3つほど、聖句から学んだことを書き出してみましょう。こちらの方法も試してみてくださいね!


すべての黙想の過程を終えたら、数分かけて、あなたが学んだことに一日中とどまっていられるよう、神様に願いましょう。これらの過程を毎日、イースターまで、繰り返してみましょう。

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア

「発見」の紹介―新たな検索方法

「発見」のサムネイル画像

「検索」が「発見」になりました

聖書は希望について何と言っているでしょう?いやしについては?平和は?喜びは?苦しみは?トピックについて検索するだけでなく、関連したいろいろなことを発見できるようになりました。

発見アイコン

ご紹介

発見

探しているものを
もっと知りましょう。

スマホで「発見」

この新機能で、
こんな発見が……

読書プランアイコン

話題の読書プラン

話題の読書プランには、とても人気のある読書プランや聖書のトピックがあります。

ハートのアイコン

さまざまな感情に対する答え

幸せ?悲しい?わくわくしてる?それとも、もうダメ?検索バーにあなたの気持ちや感情を入力すると、関連するコンテンツを見つけることができます。

発見アイコン

お気に入りの聖書教師

あなたの好きな牧師や講演者で検索をすれば、その読書プランやビデオが一か所にまとめらます。

リストアイコン

あなただけのコンテンツリスト

あなたのお気に入りのコンテンツに基づいたおすすめを表示します。

発見するには……

発見の利用を開始するには、YouVersion聖書アプリを更新し、発見アイコン(発見アイコン)をタップしてください。入力すると、発見が自動でおすすめを表示します。検索アイコンをもう一度タップすると、すべての検索結果が見られます。

アップデート

神に近づきなさい。そうすれば、神はあなたがたに近づいて下さるであろう。

ヤコブの手紙 4:8

神様が望まれるあなたになるための5つのレッスン

携帯電話で聖書アプリを使用している人々の回転する画像

「人の子がきたのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり……」

マルコによる福音書 10:45

ずっと何かを続けていれば、それはやがてその人を形作ります。あなたの習慣は、隣人に仕えるために必要な、知恵や思いやりの心、そして喜びで満たされていますか。2020年も半分以上が過ぎようとしていますが、成長を始めるのに遅すぎることはありません。ここに、神様が、創造の時あなたにこんなふうになって欲しいと望まれたその姿に近づくための、5つの霊的なレッスンがあります。

御言葉に知恵を見いだそう

携帯で聖書を読みながら日誌をつけている女性

読書プランは、無理なく御言葉を学んだり、思い巡らしたりする助けになります。読む箇所、聞く箇所、または観る箇所を選んで、毎日少しづつ進めることができるのです。おすすめのプランを試してみたり、カテゴリで検索してみたり、気分で選んでみるのも良いでしょう。 プランを開始したら、友達を招待して一緒に進めてみましょう。

読書プランを見る

神様との会話を楽しもう

携帯で聖書アプリを開いて祈る人

祈りとはただ、あなたの心にあることを何でも神様にお話しすることです。 一人でも、友達とでも。そうして、今度は神様が語られることを聞くのです。YouVersionの“祈り”の機能では、あなたが祈っていること、あなたが作った祈り、そして友達があなたに送ってくれた祈りを記録することができます。

祈りを追加する

聖書でつなぐ
交わりの中に

グループで話し合っている

私たちは、一人で生きるようにはつくられていません。友達をアプリに招待すれば、神の言葉を一緒に思いめぐらしたり、お互いに祈り合ったりできます。友達を招待するにはホームフィードで[友達アイコン]をタップするか、”その他”をタップして”聖書アプリのシェア”に移動します。

友達を招待する

神を礼拝し讃えよう

礼拝してあげられた手

毎日時間をとって、天のお父さんを敬う気持ちと、献身の心とを表しましょう。神様に賛美を捧げましょう。祈りの中で、神様があなたにしてくださったことへの感謝を捧げましょう。神様が今してくださっていることを、周りの人々に伝えましょう。ミュージックアプリを使っているなら、「礼拝(worship)」や「賛美(praise)」と検索し、それを聞きながら、神様を敬いつつ気持ちをもう一度新たにしましょう。

もっと見る

神の国に注ぎこむ

携帯電話で寄付をする人

神様は、最も尊い御自身の御子、イエスを私たちにお与えになることによって、先に寛大さを示してくださいました。あなたも、時間を捧げてみませんか。より良い聞き手となれるように努力するのです。またあなたの賜物を使って、周りの人々に仕えましょう。そしてあなたの持っている分を捧げましょう。まずはあなたの通う教会にですが、YouVersionの働きを支えることも検討してみてください。

その他のアイデア

FacebookFacebookでシェア

TwitterTwitterでシェア

メールメールでシェア