イエス様の最後の週とは、どんな感じだったのでしょう?

「わたしを
記念するため、
このように行いなさい。」

ルカによる福音書 22:19

受難週とは何でしょう?

それはイエス様が十字架につく前の週のことです。イエス様は最後に、その御旨(みむね)と別れとを分かち合いました。そして、弟子たちに「愛している」ともう一度、伝える週を過ごしました。

その週は、痛みと約束でいっぱいで、苦難に満ちた最後の十字架の言葉へと続いていました。

「すべてが終った」

最後に息を吸って、イエスは私たちにご自身を捧げられました。神の力は死をも超えるからこそ、私たちは力強く生きることができるのです。

受難週。それは、イースターが近づく日々に時間をとり、イエスが捧げてくれたものは、自分にとってどんな意味があるのか?と思いめぐらすことです。キリストに思いめぐらす時へと、あなた(と、あなたの家族)を導く、数日間の短いイースターの読書プランに挑戦してみませんか。

イースターの読書プランを探す

This post is also available in: 英語 アフリカーンス語 インドネシア語 ドイツ語 スペイン語 フィリピン語(タガログ語) フランス語 イタリア語 オランダ語 ポルトガル語 ルーマニア語 ロシア語 中国語(簡体字) 中国語(繁体字) 韓国語