神様とのやりとり、はじめます

祈る人

何のために祈るのかわからない?

神様とお話をするのはいつも難しいけれどももっと知りたいのなら、神様と謙虚に正直にお話をする方法を知っておくとよいでしょう。

祈りを通して神様に近づくためにおすすめな方法を3つご紹介します。気に入ったものをひとつかふたつ選んで、YouVersionで“祈り”を作成するときに使ってみましょう。

1. シンプルに

神様はあなたの言葉に説得力があるかどうかなんて気にされません。ただ一緒に過ごしたいだけなのです。神様とのすばらしいやりとりは心にあることをシンプルに分かち合い、そうして神様がお答えになるまでゆとりをもつことからはじまります。

こう聞いてみましょう

神様、……はどうすればよいでしょうか?

神様、……についてどう思われますか?

神様、……していただけないでしょうか?

神様、どうして……されたのですか?

“祈り”を作成

2. カッコつけず、ありのままに

正直すぎるといって神様がお怒りになることはありません。ですから、祈るときは正直になりましょう。神の愛からあなたを引き離すものは何もないということを忘れないでください。もし何と言えばよいのか分からないときはそのように神様に伝えてください。もし状況に不満があるときはそのことを伝えましょう。あなたが自信をもって大胆に近づくことを神様は望んでおられるのです。

さあ、今抱えている問題について神様にお話してみてください。こう言ってみましょう

……が苦しいです。

……を助けてください。

……がわかりません。

……のせいでイライラします。

“祈り”を作成

3. どんどんやる

最初はぎこちない感じがしても祈れば祈るほどよくなります。今週、毎日少なくとも5分は神様とやりとりする時間をつくって祈りの習慣を身につけましょう。

やりとりのはじめ方をいくつかご紹介します

……を期待します。

……に感謝します。

……とワクワクします。

……に今日気づきました。

“祈り”を作成

This post is also available in: 英語 アフリカーンス語 インドネシア語 ドイツ語 スペイン語 フィリピン語(タガログ語) フランス語 イタリア語 オランダ語 ポルトガル語 ルーマニア語 ロシア語 中国語(簡体字) 中国語(繁体字) 韓国語 ポーランド語 ベトナム語