イエス様に留まり続けるためのヒントが、ここに。

山から昇る朝日

もっと、備えよう

いま、この瞬間。神様との仲を裂こうとしたり、あなたの集中を逸らそうとする、あなたの敵は何ですか?

私たちの生活のなかで、騒音を消し去るのは簡単ではありません。それでも、多くのクリスチャンが受難週のときを持ちたいと願うのは、その静けさをもつためです。受難週があるのは、人生を「より良くする」ためではなく、大切なものに気づくためです。大切なもの、それはあなたを造り、あなたのために命をささげた存在です。

受難週の間、復活の主日に向けて、読書プランをとおして神様に近づきながら、イースターの日曜日にそなえて心を整えていきましょう。(これらの読書プランも、21日間チャレンジに含まれます!)

受難週の読書プランをみる

This post is also available in: 英語 アフリカーンス語 インドネシア語 ドイツ語 スペイン語 フィリピン語(タガログ語) フランス語 イタリア語 オランダ語 ポルトガル語 ルーマニア語 ロシア語 中国語(簡体字) 中国語(繁体字) 韓国語